toggle
大阪府吹田市 子育てママ応援・子育て支援・子育て支えあい
2016-05-11

<第2回>ひとつ屋根の下の温度差 ~夫を真っ白な灰にしたわたし~

いらっしゃいませ、ようこそご来店くださいました♪
「ママGOGOカフェ」の店主、MOMOKOです♪
こちらでは、1人でも多くのママたちにくつろいていただけるよう
さまざまなメニューをご用意して、お待ちしております♪

先日のメニュー「赤ちゃん時代の息子を可愛がれなかったわたし」は
お楽しみいただけましたでしょうか?
少々ディープな話でしたので
お腹を壊されてなければよいのですが^^;

本日のメニューは
「夫を真っ白な灰にしたわたし」です♪

そろそろお分かりかと思いますが
こちらのカフェメニュー、少々濃い目の味付けが中心となっておりますw
召し上がるかどうか、お腹の具合と今一度ご相談してみてくださいね!

さて、本題なのですが・・・
皆さん、出産・子育てを経て
旦那様との関係に、変化はありましたか?
変わらず良好、前より良くなった、悪化した、など
ご自身に聞いてみると、それぞれ思いがあるのではないでしょうか。

わたしは、今現在に関して言えば
「出産前より良好になった」と感じておりますが
出産後は夫を何度も何度も、真っ白な灰にしてきましたw
のみならず、その灰を蹴散らかすくらいの勢いでしたので
夫との関係を改善するまで、軽く4年を要しました。

夫に育児のことで、初めて爆発したのは
息子が生後2か月の頃でした。

そんな時期、思えばわたしの体も整っておらず、ホルモンバランスも無茶苦茶で
本来なら、息子の安全を確保しつつ
生き延びるだけで必死のパッチだったはずなのですが

産前に家事をしていた頃のリズムから抜け切れず
加えて、自分が仕事をしていないことの罪悪感などから
より一層家事を完璧にしなければ、的な思い込みがあり
初めての育児にテンパるのも同時進行で
まー結構な戦争状態だったのですよ。

よく「お母さんは赤ちゃんのことだけしてればいいから、休んで」
などとは言うものの
この「赤ちゃんのこと」に、普通の家事も乗っかってきますよね?

汚れた産着をそのままにしておいたら、着るものがなくなる。
ミルクをあげた後は、哺乳瓶を洗わなければ、次使う分がなくなる。
それでつい、洗濯をしたり洗い物をしたり
「赤ちゃんのことくらいしかしてないんだから」と
つい買い物に行ったり夫の世話を焼いたりと
余分な行為で自分を追い詰めつつ
しんどい自分にも気付いてませんでした。

わたしが気付いてないんだから、当然夫も気付きません。
ひとつ屋根の下にいながら、2人の温度差はものすごいもので
それがさらにわたしを絶望させました。
「手伝ってほしい」と思っていても、伝えるのすら億劫になり
それがますます自分を追い詰めていき
小爆発を繰り返したのち、大噴火いたしました。
その名ゼリフがこちらですw

「わたしは赤ちゃんの世話をし、あなたの世話をし、すべての在庫管理をし
あなたは『なんでもするよ』と言いながら、その実
『どうせあいつがやるだろう』って、どっかで思ってるでしょう?
わたしはそんな状況で、自分を全部後回しにした挙句
最後の最後に自分のしたいことを口にしたら
『子供はどうするの?』って、あなたに言われてるんだよ」

今読んでも若干泣けます・・・
あ、実際はこれの100倍くらい、汚い言葉でののしった気がしますw

今思えば、どっちが悪いとかでもなく
わたしも夫も、子供が生まれることで、新しい生活を迎えて
何をどうしたらいいのか、全然分からなくて困ってたんだと思います。

もっと簡単に親になれると思ってた。
思春期の子供ならいざ知らず
赤ちゃんを育てるのって、もう少し楽だと思ってたんですよね。

そして、このわたしの発言から、すべてがうまく回り出した・・・わけではなくw
あれやこれや動いてくれるものの、自分のペースで好き勝手に手伝う夫に
手伝ってくれなかった頃の何倍もの勢いで、何度も何度もキレまくりました。

たまりかねた夫は
「お前に色々言われると、人間性を否定されてるような気分になるねん・・・」
と、勇気を出して打ち明けてくれましたが
「否定される人間性が残っててうらやましいよ。
わたし、30分おきに、この子に起こされた時から
人間性なんてとっくにどっか行ってるんだよね」
と、冷たく返すことしかできず^^;
この温度差は、しばらくの間、埋まることがありませんでした。

そうした一連のことに、夫が結構傷ついていたというのは
息子が2歳くらいの頃に、やっと判明し
そこから夫婦の距離を縮めるのに、さらに2年はかかりました。

今となっては、産前よりも良好な関係を築けてるとは思いますが
それは、子供が生まれてしっちゃかめっちゃかになることでしか、得られなかったものです。

結婚当初のわたしのスローガンが
「夫とは、本気のケンカと本気の仲直りをしていきたい」だったのですが
あれほど本気でやり合わせてもらったことは財産だし
これからもまだまだやり合うつもりですw
・・・真っ白な灰にならない程度にw

皆さんは、旦那様とケンカなさいますか?
女性は我慢強くて、察してほしいタイプが多いから
自分の言いたいことをうまく言えない方も、いらっしゃるかとは思いますが
ご夫婦の関係を深めるためにも
本日のメニューが、何らかの参考になれば幸いです♪

それでは、またのご来店を、心よりお待ちしております♪
お気を付けてお帰りくださいね♪

 
———————————————————————————————————————–
カフェ店主:MOMOKO♪
37歳で出産。現在、5歳児のママ。
縁あってママGOGOの講座を8回受講した後、
ママGOGOカフェの店主に♪ 在宅ライター。
“ママが生きやすくありますように”そんな願いを込めて綴るコラムです。


関連記事