toggle
大阪府吹田市 子育てママ応援・子育て支援・子育て支えあい
2016-12-05

<第8回>保育所OR幼稚園? ~自分の楽さを優先したわたし(幼稚園編)

ママGOGOカフェにお越しくださり、ありがとうございます♪
店主のMOMOKOです♪

前回のメニュー「保育所OR幼稚園?」は
お楽しみいただけましたでしょうか?
さてさて、後半は幼稚園編。

つい先日、幼稚園に入園したと思っていた息子も
来年はいよいよ小学生。
古い記憶を引っ張り出して、綴ってみたいと思います♪

仕事を辞める決意をしつつ
同じマンションの、専業主婦のママ友に
幼稚園転園の相談をしていたわたし。

その時点ですでに、8月でしたので
わたしに幼稚園を吟味する時間は残されていませんw
問答無用で、そのママ友が行く予定をしている幼稚園に
息子の預け先を決定しましたw

息子が通っていた保育所から同時期に
その幼稚園への転園が決まっていたお友達がいることも
そこに決めた理由のひとつです。

なので、他の幼稚園のことはほとんど知らず
入園が決まってから知るシステムも多かったのですが

うちの幼稚園の特徴は

●バスなしの徒歩通園
●長期休暇時期の預かりや遠足などを除いては
基本すべて給食
●希望すれば18時までの延長保育可
(別途料金要)

ものすごく親が楽できるシステムでしたw

「バスなし徒歩通園」は
雨の日は大変そうですが
これにはこれでメリットがあるのです。

・・・バスを待つ間そして
バスが行った後の
ママ同士の立ち話をしなくてすむww

徒歩通園というのは
エリアごとにコースが決まっておりまして
先生が毎朝、コースのスタート地点に徒歩で迎えに来て
決まった地点で園児たちを拾いながら登園。

降園時は、そのコースを逆にたどり
園児たちと別れながら、ゴール地点まで進みます。

わたしの住んでいる場所は
スタート地点でもあり、ゴール地点でもある
幼稚園から一番離れた地域です。

片道は、ざっと換算するとバス停3つ分くらい。
子供の足では結構な距離ですよね?

なので、わたしの近隣では
歩かせるお母さんがあまりいないw
自転車で園まで送り迎えする方が大多数です。

歩かせたとしても、スタート地点に集合するのは
1人だったり2人だったり少数派。
いくらママ同士がおしゃべり好きでも
ダラダラ話して盛り上がる人数ではありませんw

自転車で送る場合も、門の前で降ろしてサヨナラなので
立ち話するタイミングもない。
ゆえに、幼稚園ママとのつながりが
想像以上に広がりませんでしたw

役員などをすると、仲良くなる機会もあるかと思いますが
役員選びは立候補ORくじ引きなので
くじ引きの当たりを免れると
さらにそんな機会もなくなりますw

乳児期が終わると同時に
ママ友との関係もあっさり目に移行し始めていたので
わたしにとっては、すごぶる楽なシステムだったと思います。

そして、幼稚園ママの特徴ですが
仕事に追われ、常に臨戦態勢の保育所ママと比べて
のんびり穏やかだな~という印象でした。

同時期に入園予定の幼稚園ママが
「そろそろ自転車につける雨具用のカバーを買わなきゃね~」
と話していたのを聞いて、驚愕した記憶があります。

雨の日に子連れで外出する必要性が
この人たちは今までなかったのだな!とw

ただし、基本のんびり穏やかな印象のママたちですが
子供が初めての集団生活に突入する
ということに関しては
保育所ママよりも細やかな神経を使っていたように思われます。

そして、その不安にも似た感情を
外に向かって発しにくいのかな・・・という印象も。

仕事をしていると、子供に有無を言わさず
預けることが前提ですが

まだ働いていない幼稚園ママは
子供の要求に対応することが
物理的に可能です。

「今日は行きたくない」
「歩きたくないから送って行って」
「延長保育は嫌」

そうした要求に、どこまで対応するかも
ママの判断にゆだねられ
場合によっては、ママ自身をしんどくさせることも
少なくはないのかな?と感じます。

子供にとっても、初めての集団生活ではありますが
ママにとっても、それは同じなんですよね。

わたしは、上記のような息子の要求は
あっさり却下する傾向にありますが
自分の楽さを優先するとそうなるだけで
要求に応える方が楽そうなママもいます。

ママにとっての一番を選んでいくのが
子供にとってもベストなのだと感じます。

そして、保育所との違いで思ったのは
保育所には乳児期、毎日書く連絡帳があり
年少の年齢になると、教室のホワイトボードで
その日のカリキュラムをお知らせしていましたが

幼稚園の連絡帳は基本
ガチの連絡事項用。
さらにホワイトボードもありませんので
子供がどのような過ごし方をしているのか
保育所よりも不明になりますw

特にうちは男の子ですので
その日の様子が本人の口から
丁寧に語られることもなく

「あんた毎日何してるの?」
と思わされることもしばしばw

でもその距離感は
子供が1歩自立するには程よいのかな?と
最近になってようやく思えます。
子供には子供の世界がある、ということを
プレ小学校のような感じで、親も学べる気がします。

まとめるなら、幼稚園は
教員の大多数が女性、ということや
ママたちがのんびりな印象、ということで
全体的にふんわりした雰囲気はあるものの
大筋では保育所と同じ。

お弁当や延長保育、送迎など
細かいシステムは園によって異なり
どこを選ぶかは大いに迷うと思いますが
結局は、ママが楽なのが一番!
という結論に。

何より、今のわたしにとって
幼稚園がありがたいのは
「働いても、働かなくても、預けれるんだよ~」
という、ゆるいところですw

子供が年長にもなると、周囲は
働き始めるママたちで埋め尽くされていきますが

保育所時代、すでに
働くことを、お腹一杯味わったわたしは
まだまだこの環境に甘えてみるつもりです♪

・・・小学校はまた、雰囲気違うんだろうなぁw
そんなレポも、これからしていけたらなと思います♪

本日のメニューはいかがでしたでしょうか?
大して有益な情報があるとも言えないのですがw
少しでも参考になればいいなと思います♪
またよろしければご来店くださいね♪
————————————————————————————————
カフェ店主:MOMOKO♪
37歳で出産。現在、5歳児のママ。
縁あってママGOGOの講座を8回受講した後、
ママGOGOカフェの店主に♪ 在宅ライター。
“ママが生きやすくありますように”そんな願いを込めて綴るコラムです。

 


関連記事