toggle
大阪府吹田市 子育てママ応援・子育て支援・子育て支えあい
2016-12-05

<第7回>保育所OR幼稚園? ~自分の楽さを優先したわたし(保育所編)

いつもご来店ありがとうございます♪
「ママGOGOカフェ」店主のMOMOKOです♪

あっという間に12月!
来年から保育所や幼稚園通いを考えてるママたちは
通い先の選定や手続きも終わり、少し一息ついている頃でしょうか?

どんなライフスタイルが
子供に合っているのかな?
初めての集団生活
うまく馴染めるかな?

などと
親子共々、ソワソワしてる方も
多いかもしれませんね♪

時には、自分の選択を
これで良かったのかな・・・なんて
迷ったり、不安が出てくる時期かもしれません。

そんな方たちの参考に、少しでもなればと
今回は、わたしのつたない経験を
シェアさせていただきますね♪

実はわたしは

息子が1歳になる直前~3歳までは、認可保育所。
幼稚園の入園時期に合わせて転園し
現在までは私立幼稚園。

という、結構レアなパターンです。

理由は、これまでにも何度か書いているように

・パート勤務ながら、働くことにすがりつく

・育児との両立に疲れる

・外に働きに行くのをやめようと決意

・保育所は退園になるので幼稚園に

みたいな流れですw
我ながら、自分の都合で
息子を振り回しまくってますw

結論から言うと
保育所と幼稚園の
どちらが息子に合っているか、と言うよりも
自分が楽なのが一番!
という感じです♪

幼稚園への転園を決めたときは
仕事に挫折した、との思いが強かったので
保育所に通わせ続けられる
正社員のママ友をうらやましく思ったりもしましたが

いざ、転園をママ友たちに打ち明けると
「本当はわたしも幼稚園に通わせてみたかったな」
とおっしゃる方もいて
人それぞれ、思いは違うんだな~と気付かされました。

そんなわけで今回は
わたしにとっての保育所生活の印象を
つらつらと書かせていただきます♪

保育所も、ひとくくりというわけではなく
それぞれに色んな特色がありますが
息子が通っていた保育所は
当時できて2年目くらいの、新しいところでした。

園庭が狭いのは少々ネックでしたが
近くの公園などにも頻繁に連れて行ってくれ
何より設備面は、新設ということもあって
教室もトイレもピカピカでした。

雰囲気は、どちらかと言うと体育会系で
チャキチャキと頼りになる保育士さんが多く
幼稚園と違って男性保育士さんがいるところも
息子はじめ、園児たちには魅力的だったようです。

そして、0歳~3歳までお世話になったので

トイレトレーニング
着替えの仕方
お箸やフォークの使い方
服のたたみ方など

生活の基本動作は
すべて保育所で身につけさせてもらった
と言っても過言ではありません。
これは本当にありがたいことでした。

毎日やり取りするノートには
子供の様子が丁寧に
時には面白く書かれており
気になることはすぐ相談できるような
関係作りをしていただけたと思ってます。

発表会や運動会なども
幼稚園と遜色のない
盛りだくさんで見ごたえのある内容でした。

むしろ、3歳までの乳幼児期の子供が
おぼつかない動作で
お遊戯や運動に興じるのを見られるのは
保育所だけの特権かもしれません♪

さらに、親側としてありがたかったことは
物心つかない0歳の時期に
集団生活を開始しているので
あまり本人の意思を気にせず預けられる点です。

集団生活が楽しいのか
そうでもないのか
本当はママと離れたくないのか

いずれもきっと
子供にとっては正解なのでしょうが
年齢が小さいほど
環境に適応するスピードは速い気がするので
どの子も比較的
馴染むのはスムーズだったように思います。

ま、子供に文句を言われたところで
「仕事だからしょうがない!」と
割り切って預けられるのも
保育所のいいところかもしれません♪

そして気になるママ友関係ですが
意外にも、幼稚園よりも
ママ同士の結束は固かったように思います。

というのも、皆限られた時間で
仕事や育児をこなしてるわけなので
それなりにストレスがたまってるんですよねw

たとえ、働いていなくても
子育てはそれなりにストレスフルではありますが
保育所のママ同士は
ストレスをオープンにしやすい空気感がありました。

とはいえ、語られる愚痴の内容は
仕事ではありませんw
やはり子育てが圧倒的メインなのです。
皆の合言葉は
「仕事は息抜き」でしたw

そして、発表会や参観日などで
仕事を休んで保育所に集まる日は
必ずその後、場所を移してママ会に突入するほど
話が尽きることはありませんでした。

保育所のママ同士が仲良くなりやすいのは
出勤時間が一定なので
同じ時間帯に同じ人が集まりやすいのと

お迎えの際に、園の中まで入って
その日の荷物などを親がまとめる
という作業があるからだと思います。

幼稚園なら、バスや徒歩でサッとピックアップするので
その場に居残って話をするかどうかは
その時の自分の状態にゆだねられますが

保育所のママ同士は、荷物をまとめながら
帰ろうとしない子供を追いかけ回しながら
手を動かしつつ、色んな話をします。

行事や持ち物の確認から
自分の出勤に直結する、流行病の情報まで
様々なことをシェアします。

時間に追われているので
しゃべるスピードは弾丸ですw
話し切れないことも多いので
連絡先の交換なんかも素早いですw
恥ずかしがってる場合ではないのですw

そんな風に、嵐のようにママ友に関われたこと
生活に必要な基礎を息子に教えていただけたこと
保育士さんに支えていただいたことが
保育所で得た財産だと思ってます♪

あ、ついでのようで恐縮ですが
息子も、同年代の子供たちと
小さなうちから自然と接することで
色んなことを学べたと思います♪

保育士さんとやり取りしたノートは
今でも宝物です♪

長くなりましたが
次回は幼稚園編です!

————————————————————————————————
カフェ店主:MOMOKO♪
37歳で出産。現在、5歳児のママ。
縁あってママGOGOの講座を8回受講した後、
ママGOGOカフェの店主に♪ 在宅ライター。
“ママが生きやすくありますように”そんな願いを込めて綴るコラムです。


関連記事